Wi-Fi工事の注意点

Wi-Fiとは

回線引き込み工事が必要か否か

インターネットに接続できる回線が整備できていない場合は、中継するだけのルーターを買ってきてもWi-Fi環境を整えることはできません。
光回線やケーブルテレビなど、インターネットに接続できる回線を引き込み、その回線にルーターを接続し、無線の電波を建物内に飛ばす、という工事が必要になります。
回線を引き込む形でWi-Fi環境を整える方法は、安定した高速の通信が可能であることや、繋がりやすさの面で、ファミリー層を中心に多くの方が取り入れている方法です。
マンションなどの集合住宅の場合、建物の躯体まで、既に引きまれている場合があります。
部屋まで通っていれば、プロバイダーと契約をすれば使用できるようになる事がほとんどですが、共用部分までの場合は、部屋まで引き込む工事が必要になります。
全く回線が引き込まれていない場合は、建物の近くの回線から分岐して自宅内に引き込む工事が必要です。

引き込み状況によっては時間がかかる

例えば、光回線を引き込もうと考えた時、自室内に光コンセントが設置されている場合は、工事が不要な場合もあります。
コンセントの所まで既に回線が来ているので、工事スタッフが派遣されてくることが無く、契約が完了すれば、光回線終端末装置(ONU)が送られてきて、それを設置すれば終了、という流れになります。
おおよそ1~2週間で完了になります。
しかし、光コンセントが無く、建物に光回線が引き込まれていない場合は、引き込み工事が必要になり、工事日が1か月ほど先、という事も珍しくありません。
引っ越し後にすぐ使いたい、などの場合は余裕をもって契約が必要です。
新しい回線サービスの場合、地域によっては、まだ、サービスが開始されていないこともあるので要注意です。


この記事をシェアする