Wi-Fi工事の注意点

工事しなくてもWi-Fiが使える方法

工事不要でWi-Fi環境を整える

光回線などのインターネット回線を使用せずにWi-Fi環境を整えることも可能です。
それは、ホームルーターと呼ばれるWi-Fi接続機器を使う方法です。
モバイル向けのデータ通信を利用している為、開通工事の必要が無く、通信契約をしたホームルーターを自宅のコンセントに繋ぐだけでインターネット接続ができる様になります。
建物の中に据え置きする事を前提にしているため、持ち運びはできませんが、モバイルルーターよりも接続が安定しているというメリットもあります。
Wi-Fi対応の複数のデバイスで使いたい場合も、同時に接続することが可能で、回線引き込み工事ができない場合や、引っ越しなどが多い方には向いている接続方法です。

ホームルーターの特徴

モバイルルーターよりも安定した接続環境にはなりますが、元々が電波であることもあり、光回線などと比較すると、通信速度や安定性は劣ります。
回線容量を使う動画視聴を楽しみたい方や、仕事などで安定した電波状況が必須の方にとっては、不向きである場合もあります。
しかし、回線を使う場合よりも料金は抑え目で、さらに、ご自分が契約しているスマホと同じキャリア会社を選べば、割引を受けられるというメリットがあります。
注意が必要なのは、スマホと同様、データ通信量が速度制限がかかるということです。
(無制限を謳ったサービスでも、厳密には上限があり、一定時間制限がかかる)
簡単に通信料を検知できるアプリなどもありますので、工夫次第で快適に使用できます。


この記事をシェアする